長嶋りかこ × THE M/ALL "表現の自由"
5d5cff502e89b778757d5a24 5d5cff502e89b778757d5a24 5d5cff502e89b778757d5a24 5d5cff502e89b778757d5a24 5d5cff502e89b778757d5a24 5d5cff502e89b778757d5a24

販売期間
2019/08/23 18:00 〜 2019/09/08 23:59

長嶋りかこ × THE M/ALL "表現の自由"

¥3,500 税込

送料についてはこちら

販売終了しました

※ 2019年9月中旬 〜 2019年9月下旬 発送予定

長嶋りかこ × THE M/ALL ”表現の自由“ 「表現の自由により、受け手としての私たちは、時間を超え、国を超え、種を超え、性別を超え、自分とは違う視点や気づけなかった視点を知ることができる。 見えない相手を想像したり、遠くの誰かの痛みを想ったり、当たり前のことに疑問を抱いたりして、自分に問う時間と、心や視座を育む機会を得ている。 だから表現の自由は、政治的な理由で国家や法や政治から侵害されるものではなく、 想像力を育み、他者を思いやる心を育み、公共の福祉を向上させるものとし、 国家や法や政治から守られながら、表現を前進、発展させていくものだと思う。 脅迫や暴力や圧力によって、その機会を奪われないように。 萎縮はじわりじわりと広がっていく。その空気によって生まれる自己検閲は連鎖して、表現の自由は後退し、いずれ自らが想像し表現すること自体をやめてしまった自分にすら、気付けないような社会になってしまうかもしれない、悲観的かもしれないがそんな危機感を覚える。 Tシャツの胸にプリントした“ブランク”は、愛知トリエンナーレの一連の件が露骨な形で起こり広く知れ渡った今の時点では、検閲や自己規制を表しているように見えるかもしれない。けれどそんな状況下でなければ、このブランクはここに何が書いてあるのかを自由に想像させるためのブランクでしかなく、そんなおおらかな社会をわたしは強く望みます。」 PROFILE>> 長嶋りかこ グラフィックデザイナー。village®代表。アイデンティティデザイン、サイン計画、ブックデザイン、空間構成など、グラフィックデザインを基軸として活動。これまでの仕事に「札幌国際芸術祭2014」「アニッシュカプーアの崩壊概論展」「ASSEMBLE/共同体の幻想と未来展」「堂島リバービエンナーレ2019」、使用済みプラスチックボトルを再利用したテキスタイルデザイン「SCRAP_CMYK」など。2020年度ベネチアビエンナーレ建築展出品作家。rikako_nagashima.com Sサイズ:着丈 71.5cm / 身幅 46cm /肩幅 44.5cm/ 袖丈 20cm Mサイズ:着丈 73cm / 身幅 51cm / 肩幅 47.5cm / 袖丈 20.5cm Lサイズ:着丈 76.5cm / 身幅 56cm / 肩幅 54cm / 袖丈 20.5cm XLサイズ:着丈 78cm / 身幅 62cm / 肩幅 58cm / 袖丈 21cm ボディ:ALSTYLE アルスタイル (AAA) 6oz カラー:WHITE コットン100% printed by P.T.A *ご注文時の注意点* 受注生産品となりますのでキャンセル、返品等はお受け出来ませんのでご了承願います。 発送は生産完了次第の発送となります。 予想よりオーダー数が多い場合は予定よりも数日お時間をいただく場合があります。ご理解お願い致します。